ブログトップ

我ら中年探偵団

ashida.exblog.jp

ハッピーな旅行

中年探偵団のマドンナからメールを頂きました。なにやら先日ご主人と一緒に?ウィーン→ザルツブルグ→パリをまわられて来たようで大変喜んでおられました。1月でもまだクリスマスツリーが飾られているらしく、さぞかしロマンティックな旅になったことでしょう。また今度旅行話しが聞けるのを楽しみにしております。あっそうそう言い忘れましたがマドンナは中年ではありません。仲間の中で一番お若いし、しかも新婚ホヤホヤの大変美しい方であります。叱られますので念のため・・・。
c0036635_1716811.jpg

[PR]
# by kenny-ashida | 2005-01-26 14:11 | 届け物 | Comments(0)

中年探偵団

昨夜また珍しい訪問者が2人訪れました。我ら中年探偵団を発足した友人達です。今から30年程前にクリエイターばかりを集め、年に何回かのパーティーでお互いに情報交換をしたり親睦を深める会をつくりました。その当時はみんな若く会の名前も特に付けていなかったのですが、ある時小生がこのメンバー達の集まりに名前を付けようと独断と偏見でみんなの許可もなく呼び始め、知らず知らずのうちに中年探偵団となってしまいました。その頃テレビ番組で椎名誠ひきいるカヌーの達人やイラストレータ、料理人達が無人島で子供のように無邪気に探検をしているのを見て、まさしく我々の会もこれと同じと思い、あまり覚えておりませんが番組タイトルに似せて
作ったのが始まりです。そのメンバーも今はだれが見ても正真正銘の中年。そうそうこの照明は昨夜訪れた仲間(コジリン)にいただいたもの。ここでお礼を言っておきましょう。しかしながら気持ちは当時と変わらず次なる楽しい試みをまた考えようとしております。先日高知にいる友人が当時のパーティーをビデオに撮っていて送ってくれました。ちょうどみんなで見たいと思っていたところです。パーティーはいつもプロの可愛い司会者を呼び、仲間とセッションを組んだりのバンド演奏がおきまりで、ロックや時にはジャズバンドなどの飛び入りもありこれが楽しい。お笑いタレントや、ストリッパーも劇場から呼んで来るという事も何回かありました。いやー懐かしい!当時のビデオを見てみんなで大笑いをしておりました。これからもずっと続けて行きたいものです。
c0036635_16115713.jpg

[PR]
# by kenny-ashida | 2005-01-26 12:11 | 我が家の訪問者 | Comments(0)

親ばか

小生の息子は今年で22歳。コンピュータの学校を中退し写真技術関係の会社に勤めております。今はまだアルバイトですが時期を見て正社員として採用してもらうよで、親としては少しほっとしております。今日その会社の新年会が某ホテルで催されるので先輩にちゃんとした服装をして来るように言われたようです。社長や幹部クラスまで来るのでスーツまでとは言わないがジャケットぐらい羽織って失礼の無いようにしなさいよと・・・。今までパンクかストリートファッションか知りませんがそれしか興味の無かった息子は当然まともな洋服は持っておらず、小生の服を貸してほしいと頼みに来ました。親としては嬉しいもので息子に合うジャケットとスラックスを出してやるのですが、これはダサイあれは色が悪いと散々文句を言われようやく決まり着させてみると、これがなかなか良い。やはり小生の息子だ!と内心喜んだはいいが問題は靴である。身長が小生よりも高い、当然その分足もでかい。これは弱った靴のサイズだけはどうしょうも無い。息子はいつもの靴を履いていくと言うが、どう考えてもスラックスには合わないしせっかくの服装が台無しである。どんなにこ綺麗な服を着ても靴がだらしないと貧弱に見える。”身だしなみは靴から”をモットーにしている小生だけに妥協はゆるされない。あっそうだ、以前香港に行った時バーゲンで衝動買いをしたサイズの大きい靴が一足あった事を思い出した。息子にその靴を履かせるとピッタリ。それでもまたダサイなどと言いだし、もう勝手にしなさいそこまで面倒見きれん!と少しキレた小生。しかしながら出かける時はその靴をちゃんと履き、いつものように出て行きました。おお可愛い奴。その後ろ姿を見るとスラックスの右側から何やらチェーンのような長い物がジャラジャラぶら下がっている。あ〜あショック!あれはいつもぶら下げている例のものではないか、TPOに合わせてアクセサリーも変える事を知らない。トホホ・・せっかくのファッションも台無しである。何たること、いやはやもう疲れてしまいました。
c0036635_9473028.jpg

[PR]
# by kenny-ashida | 2005-01-25 09:49 | Dad | Comments(3)

Congratulations!

”太陽の塔”の携帯ストラップを頂いた友人の奥さんの妹さんが10月にご結婚されるそうで、おめでとうございます。家の娘と同じくらいの年齢のはず。ご両親もさぞかしお寂しいことと思いますが、幸せな人生を歩んで行ってもらうのがなによりの親孝行。いやはやめでたしめでたしでございます。小生もいつかその日が来るのであろうと内心嬉しいやら悲しいやら複雑な気分であります。今日は家内と二人で乾杯することにしょう。
c0036635_17393280.jpg

[PR]
# by kenny-ashida | 2005-01-24 17:43 | 人生酒 | Comments(0)

和の心

たまには小生だけでなく家内の趣味である陶芸の事も日記に記しておこう。あっ一度写真を出したかな。十数年前から始め最初は形も歪で重たく湯飲み茶碗を造ってもらった時、茶を飲もうと思っても右手に強制ギブスを付けられたように重く、鉛筆しか持った事のない小生には筋力トレーニングが出来てちょうど良かったのか悪かったのか。あっ、いや家内には内緒にしておこう・・・。小生も和の器や小物が大好きで見ているだけで心が和みます。時々友人の華道家が家にやって来て家内の作品に花を生けてくれるのだが、これがまた素晴らしい。花を見ながら小生の手料理を器に盛りつけゆっくりと酒を飲む。ああまた飲みたくなってきました。そうそう家内曰く、ろくろは形が整いすぎてあまり好きでは無いらしく手ひねりとかいう技法で造っているようです。もう少し斬新なアイデアもひねってほしいものだが。では今日も一杯やるとしよう。
c0036635_057336.jpg

[PR]
# by kenny-ashida | 2005-01-23 00:59 | 趣味のお話 | Comments(1)

静かな一日

朝の日差しが心地よい土曜日。ベランダから外を眺めると青空と白い雲。今日は天気も良いし公園でも散歩をしに行くかと外へ出たが少し寒い。とりあえずタバコだけ買って家に戻り暖かいコーヒーを飲んで空を眺めていたら出かけるのが面倒になり、
音楽でも聴いて今日はゆっくりしようとCDを流し読みかけの小説を手に取る。家内が洗濯物をベランダで干しているのを部屋の中から猫のミー助が眺めている。あ〜時間がゆっくりと流れているような感覚であります。そのうち日記でも書こうとブログを開いていると近所の友人から電話で”久しぶりに一杯やりませんか”とのお誘い。待ってました、ちょうど酒でも飲みたい気分になっていた小生は快くOK!う〜ん美味しい酒になりそうだ。では今からちょっと・・・。
c0036635_16531931.jpg

[PR]
# by kenny-ashida | 2005-01-22 16:54 | 人生酒 | Comments(0)

Good Luck

今日珍しい訪問者がありました。一緒にチームを組んで仕事をしていた方で最近リストラされ、わざわざ小生に報告をしに足を運んで下さいました。これも神から与えられた人生の試練としてまた新たに再出発するのもいいであろうと、そんな思いを感じたひと時でした。ご本人もあまり悩まずポジティブに考えておられ安心致しました。将来やりたい夢があるそうでその夢を必ず実現させて頂きたいものです。”諦めずに強い意志をもって突き進む”こんな言葉が小生は大好きです。陰ながら応援しております・・・。さあ今日は何も落ちを付けずに一杯やるとしょう。写真も訪問者にしか分からないであろう。Good Luck
c0036635_1774993.jpg

[PR]
# by kenny-ashida | 2005-01-21 17:09 | 我が家の訪問者 | Comments(1)

疾風のように去ってゆく

先程年賀はがきの当選番号を調べているとファイルの中に小生が作った懐かしいDM が入っておりました。8年程前にお遊びで作った月光仮面の写真。昭和33年に放送されていたもので大瀬康一という俳優が主演のヒーローアクションです。この時代は今のSFXなどという映像技術は無く敵と戦い宙を舞う時もジャンプした映像に着地した映像をコマ割りでくっつけるなど、なんともほのぼのしたアクションで、しかも移動は小さなオートバイ!”疾風のように現れて、疾風のように去ってゆく。”これがキャッチフレーズでした。それでも子供の頃はすごいと思ったもので、よく母親に白いずきんを巻いてもらい近所の子供たちと遊んでいた記憶があります。その印象が強かったので当時の姿をまねして写真に残しておきたかったのです。今の子供たちは何がヒーローなんだろう。きっと時代は変わってもそれぞれ自分のヒーローがいるんだろうな。ちなみに家の息子はこれを見て”何これ!”の一言をいい残し自分の部屋へ去ってゆきました。
c0036635_12252071.jpg

[PR]
# by kenny-ashida | 2005-01-21 12:25 | 昔懐かし | Comments(1)

爆発だ!

これは以前同じ会社で働いていた方から頂いた携帯ストラップのアクセサリーである。そう1970年大阪万国博の岡本太郎氏作「太陽の塔」。左右に突き出ている2本の羽のような物はとがっていて少し使いづらい面もあるが。テーマは「人類の進歩と調和」いやはや懐かしい。塔の中は真っ赤でなにやら生物の進化を表現したパビリオンでありました。これを見ると昔の良き時代を思い出すので大変気に入っております。小生も岡本太郎氏のように今一度爆発してみたい。「芸術は爆発だ」で作品づくりでも料理でも生け花でもお笑い芸人でも映画俳優でもロックミュージシャンでもニュースキャスターでも考古学者でもプロゴルファーでもスキンダイビングのインストラクターでもシュッシュッのウォーキングのデューク何とかでも・・・ハー、ハー。こんなことを書いている間に餅をコンロで焼いている事を忘れておりました。まさに餅が4つも爆発しております。小生も餅をいただいて早く爆発?いやその前に網をきれいに洗ってからにしょう。家内に叱られますので・・・。
c0036635_2135485.jpg

[PR]
# by kenny-ashida | 2005-01-20 11:27 | 昔懐かし | Comments(1)

あっという間の一日

若い頃は一日の時間がもっと長く感じられたものです。小生見た目は若いのですが精神年齢も二十歳代からあまり変わらないし、最近の下手な和洋のポップスも知っているし、携帯メールで絵文字も使うし、さすがにギャルが使う記号の様なメールは研究中。そうか考えてみると体力的に落ちてきているのか。30年近く運動なんかしたことがない。脳の働きが鈍って来ているのか、朝起きたらもう夕方。いったい今日は何をしていたんだろう、やはりこの日記は小生には必要なのかも知れない。あまり考えず今日は家内の造った陶器に小生の手料理を盛りつけ美味しい酒でも飲もう!今日は焼酎だな。ミー助:”また飲まれるのですかご主人様・・・。”
c0036635_16385298.jpg

[PR]
# by kenny-ashida | 2005-01-19 16:38 | 人生酒 | Comments(1)